--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

お別れ

2009年10月22日 16:03

10月14日4時56分に義母が永眠しました。。。

義父、義姉、相棒っち、ワタシに囲まれて息をひきとりました。
最後は呼吸がしにくそうではあったけれど
もがき苦しむなんてことはなく静かに逝きました。。。

肺癌と宣告されて3年と3か月
癌の中でもタチの悪いと言われている
小細胞癌で限りなくステージ4に近いステージ3だと言われました。

そのときに治療しなければ3か月の命
治療しても1年の命と宣告されていました

本人に余命を告げるのは残酷すぎるので
癌であることだけ告げ治療すればよくなると言い聞かせての
闘病生活でした

闘病生活といっても
治療ははじめに予定されていたものの5分の1で
4センチほどあった癌がとても小さくなり
普通のレントゲン写真ではわからないほどになったので
それ以上の治療はせず
それから1年後に癌が大きくなりかけたときに1度抗がん剤投与したのみで
その抗がん剤で本人が激しく精神的なダメージを受けてしまったので
その後はなにも治療しない道を選び
それでもそれから1年半あまり畑に出てきたり近所に出歩いたりしていました
本当に癌にかかっているとは思えない感じでした
亡くなる1か月前まで庭を散歩したり
ワタシ達の2階にある部屋までバンバン来ていたので
1か月でこんなに悪くなってしまうなんて思いもしませんでした

でも、癌だと
最後はあちこち掻き毟るほど苦しむ人もいるとか・・・
それがなかったのが救いです。。。

 
義母が亡くなってから
不思議なことがたくさんありました。。。

それは信じられないことなんだけども

義母が相棒っちの体に入り込んで
いろんなことを伝えてきたのです・・・

在りすぎてここには書ききれないのですが
ひとつだけ これはもう絶対義母が相棒の体にいると確信した出来事をひとつ・・・

それは義母が病院で息を引き取ったとき少し口が開いていたので
口を閉じされるために頭から顎を固定するものを巻いていたのですが
それは体が硬直してきたらはずしてあげて下さいねと病院に言われていましたので
病院から帰った夕方ぐらいにはずしてあげました

家族で病院に2日間は泊まりこんでいたのもあったのもあり
葬儀屋さんに当日にお通夜をしなくても1日置いてからのお通夜でもいいんですよと
言ってもらったので
当日のお通夜はせず1日明けてのお通夜だったので

義母を連れて帰ってから1夜開けた次の日の朝

相棒が義母の横に行って急にパタンと寝たのでどうしたのかと思ってそばに行ったら

「○○さん(ワタシの名前)布団めくって手を見て」と義母の口調で・・・

手を見るってどーいうこと?とか思いながら
義父もそばにいたので一緒に布団めくってみても特に異常はなく・・・
でも次の瞬間両手首を固定するためにゴムの入った布で手を縛っているのに気づき
義父に「これって取ってもいいんかな?」と話してると

相棒が「取って! 痛いんよ」とまた義母の口調で・・・

慌てて取るともうすんごい食い込むようで痛々しく・・・
なのでしばらく撫でたりさすったりタオル巻いたりしてみました
もう死後硬直も始ってたので戻らないかもと思ったのが
徐々に戻り、その縛っていたということはまったくわからなくなったのでよかったです。。。

あとで相棒にその手を縛っていたことを知ってたか聞くと知らなかったと
病院で頭につけているものは取ってあげてと言われたけど
手のことは何も言われなかったので縛ってあるとは
家族の誰も気づいていませんでした

なのでこの出来事は本当にびっくりしました

死んだら終わりではない?
そう思うとなんかちょっと怖いなと思えたり・・・

でも義母は先に逝ってる人が迎えにきてくれて
一緒にいて、今はなんの痛みもないからとも伝えてきたので

家族や親せき一同妙に安心して
悲しみに明け暮れるというより
安堵感が大きくある感じです

ただ、四六時中と言っていいほど義母と一緒だった義父は寂しいだろうなと思います。
49日を過ぎてもお骨をずっとそばに置いておきたいと先日義父がお葬儀屋さんにポロっと話たのを聞いてなんかうるうるしてしまった私です。

とても気が強くて義父に文句ばかり言ってた義母ですが
そんな義母へなんの文句も言わずなんでもしてあげてた義父
それだけ義母のこと思ってたんだな~とシミジミ感じました。。。


義母が逝ってしまって古いアルバムとか見ていて
義母がアルバムに書き込んでる言葉がとてもおちゃめだったり・・・して

私は義母の何を見てたのかなー?と思ったり・・・
元気なころはキツイ面しか見えなかった。。。


いろんな後悔もテンコもりてすが


それも義母が相棒の体を通じていんなことを伝えてきてくれたおかげで
若干軽くなりました

それは私だけでなく家族、親戚みんながそうだったと思う。


今まで義父ともあまり話ませんでしたが
義母が逝ってしまっから
たくさん話すようになり
義父も意外とおちゃめなとこがあるなぁと再発見したり・・・


きっと沈んでないで、楽しく家族仲良く過ごすことが義母の希望でもあるのだろうなと思います。




最後に義母のお嫁入りの写真を公開しちゃいます(= ̄∀ ̄=)
今から55年前の写真です。。。

結婚写真義父義母



お義母さん、どうか安らかに・・・

関連記事


コメント

  1. ドテちゃん | URL |

    はちこさーん。とてもいいお話だわあ。。
    お嫁さんって、そうやってだんだん本当の家族になっていくんだろうねぇ。私も母もそうだった。あたしもがんばるわ!

    仕事をするようになったら、つぶやきの時間が取れなくなって
    TLの空気が読めず。。ブログ巡りしてました
    またあちらでよろしく~~ヽ(o・ω・o)ノ

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. まきたん | URL |

    お疲れ様でした

    はちこさん ブログ更新できるようになってよかった。
    そんなことがあったのね・・・
    相棒さんが義母さまの口調になったとは!
    いろんなお話今度聞かせてほしいなあ。

    19歳の義母様 美人ですね。
    ガンでありながら あまり苦しむことがなくて
    義母さまも はちこさんたち家族のみなさんも 
    よかったのかな・・・と思いました。
    うちもそうだったし。

    ご冥福をお祈りします。

  5. はちこ | URL |

    ◆ドテちゃんへ

    ドテちゃん、こちらに来てくださってありがとう~!
    ドテちゃんのお母様もそんなことがあったのですねん・・・

    私は結婚して13年が過ぎて
    初めて嫁っぽいことをしたような気がします。。。
    しかもオロオロしっぱなしで親戚の人に助けられまくりでしたん(;´▽`A``

    ドテちゃん就職されたのですねん
    遅ればせながらおめでとうこざいます(*^^*)

    TLの空気・・・
    それも私はちっとも読んでないかも
    突然自分の思ったことつぶやいてるから
    TLではかなり浮いてる存在な気がします(^_^;)
    でもまあ 本来は自分がその時思ったことをつぶやくというものだと思うので
    あまり空気読まなくてもいいんぢゃないかと思ったり・・・

    自分がTLに居る間の他の人のつぶやきで共感できることや
    語りかけたいことがあれば@を送る・・・。そんな感じで私はやっていますよん

    ついったーのほうでもまたよろしくお願いしますね(*^^*)

  6. はちこ | URL |

    ◆Sさまへ

    ありがとうございます!

    ほんとうに不思議なことってあるもんだなぁと思いました

    義母は亡くなる1か月前ぐらいから
    思うように言葉が出てこなくなってたので
    何か言いたいという思いが強く残ったのかもしれません・・・
    一通りのことを言ったら満足したようなのでホントよかったなと思います

  7. はちこ | URL |

    ◆Mさまへ

    ありがとうございます(TωT)

    私も義母が元気なうちはずっと冷戦状態でした・・・。
    その時は良いところがひとつも見えなかったんです
    今さら何思っても遅いのですが・・・(_ _。)・・・

    居なくなるとホントに寂しいものですね
    こんなに大きな存在だったのかと今さらしみじみと感じています

    なんかぽっかり穴があいたようでやる気が今一つでてこないのですが
    そうも言ってられないし・・・ 
    がんばりますね(*^^*)
    ありがとう~!!

  8. はちこ | URL |

    まきたんへ

    まきたーん、ありがとう~(TωT)

    そそそ、相棒は義母の口調だけでなくそぶりもそうだったの
    なもんで親戚の人も、これは間違いなく義母だとみんな言うぐらい
    そっくりだったの(@_@;)

    ほんとに色々ありすぎて・・・
    すんごい長くなるかもですが
    また時間ができたときにメールしますね(*^^*)


    そうですね
    あのまま生きていても治療するすべもなかったので
    苦しまないうちに天に召されたのはよかったのかもと思います・・・


    ありがとう~!

  9. みく | URL |

    大変でしたね・・

    お義母さん旅立ってしまったのですね・・・
    存在感のあるお義母さんだったら
    寂しいですね・・
    お義父さんの事が心配です
    これからははちこさんと相棒っちさんが
    心の支えですね
    それにしても不思議な事があるものですね
    それによってはちこさんが安堵の気持ちでいっぱいという事は良かった
    まだまだ忙しい日々にかとは思いますが
    体には十分気をつけてくださいね
    お義母さんのご冥福をお祈りいたします

    私のブログ一時お休みをしているのですが
    大騒ぎな事が起きて大変なんです~(^_^.)

  10. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  11. こたちゃん | URL |

    (遅いコメントですみません)

    はちこさんはえらいです…
    私は一緒に住んでないのですが何も出来ていません(´-ω-`)

    お義母様のご冥福をお祈り致します

  12. はちこ | URL |

    ◆みくさんへ

    義母が元気なころはケンカばかりしていたのにね(>_<)
    入院してからしおらしいことばかりいう義母に
    どーして もう少し今まで優しくできなかったのかと・・・
    今さら何を言っても遅いんですけど(ノ_-。)

    ほんとに干渉ばかりされていてうっとおしいなんて親不孝なこと思っていましたが
    いなくなるとなんとも寂しいものですね。。。

    今はなにかと忙しいので義父も気がまぎれているけど
    通常の生活に戻ったときが心配です・・・
    私は頼りないんですが(^_^;)
    いないよりはましですかね?(笑)

    ほんとに今でも不思議でなりません。。。
    こんなことってあるんですね。。。
    でもそれがあったからこそ私の後悔がずいぶん半減されているんだと思います。。。
    あれがなければ今以上に後悔
    そしてそれを人に言えないまま悶々と抱えていたように思います。。。

    お心遣いありがとうございます(*´∇`*)
    そして祈ってくださってありがとうございます。<(_ _*)>


    みくさんチの大変なこと先に拝見してきちゃいました~
    なんとなくもうみくさんチのコで決定の気がしています( ̄m ̄* )ムフッ♪

    みくさんも忙しそうだけど体調崩さないように気をつけてくださいにゃん(*^^*)

  13. はちこ | URL |

    ◆Yさまへ

    こちらこそご無沙汰しっぱなしですみませんっ(>_<)
    コメントありがとうございます!

    少し息づかいは苦しそうだったんですが・・・
    痛い、痛いというようなことはなく
    静かに旅立ったことは本当に救いでした。。。

    旅の途中のメッセージは本当にビックリしました!
    でもそれによって家族や親せきの気持ちが軽くなったのは間違いないです。。。
    本当にいろんな思い出が一気に優しくかわったそんな感じです


    そうなのですか・・・
    一進一退。。。辛いですね。。。
    ご病気の方も辛いですし看病する側も辛いですよね。。。
    良い方向に向かわれることをお祈りいたします。。。

    そうなんです。
    あんなに冷戦状態だったのに
    ワタシの中ではこんなに大きな存在だったのかと思いしらされています
    今はもう供養することだけがお母さんにしてあげられることだけど
    それをぬかりなくやってこーと思いまする。。。

    ありがとう~!

  14. はちこ | URL |

    ◆こたちゃんへ

    こちらに来てくださってありがとう~!

    私は一緒に住んでたけど
    ちっとも優しい嫁ではなかったんですよ
    ケンカしてばっかりで・・・
    いっそ離れてたほうが心穏やかに過ごせていたのかもです・・・

    義母のこと祈ってくださってありがとうございます<(_ _*)>

  15. miaow | URL |

    はちこさん こちらでははじめましてです。
    厚かましくお邪魔します。

    改めて義母様のご冥福をお祈り申し上げます。
    重い病気を患っておられたんですね。
    ちっとも知らなかったです。
    55年前の婚礼の写真、お2人とも可愛い(と言ったら怒られますね;)ですね。

    ガンで亡くなるということ…って? と、最近こんなことをよく考えることがあります。(なぜだか)

    そんなことより、不思議なことが起こったんですね。
    やっぱりそういうことがあるんだな、と、なんだかすごく良いお話だと思いました。
    他にもあったのですね、とても興味深いです、。
    死は新たな始まりとも言いますよね。
    読ませて頂いて、はちこさんをはじめ、ご家族の皆さんの暖かさを感じさせてもらいました。

  16. はちこ | URL |

    ◆miaowたんへ

    こちらへ来てくださって嬉しいですよん^^
    厚かましいだなんて、そんなことないない
    こんなスローペースなブログ訪れてくれる人は
    神様みたいに思えますもの(*^m^*) ムフッ


    義母のことありがとうございます。
    病名のことは今回初めて書いたので
    義母が病気であることは知ってる人はいても
    病名のことは家族と近しい友人ぐらいしか知らなかったし
    ついったーでもひとつもつぶやいていないので
    知らなくて当然なのですよ(*^^*)

    そそそ、55年前の写真可愛いですよね(笑)
    義父や義母にも若い時代はあった
    当たり前なのに
    それがまったく見えずで・・・
    相棒が両親がだいぶ年取ってからの子供なので
    年の離れた両親ということもあり
    考え方が本当に違っていて
    頭から受け付けることができなかったワタシであります^_^;

    癌の人増えてますもんね。。。
    3人に一人はいるとか・・・
    自分もいつかなるかもと私も思ってしまいます。。。
    医療がどんどん進化してるので癌も治る病気にいつかはなってほしいものですよね・・・


    そうなんです。不思議なことがたくさんあったんです。
    先代猫のポポのことも義母が話してくれたりしたんですよ(T0T)
    うそみたいな話なんだけど
    きっと誰に言ってもそんな馬鹿なと言われそうなんですが
    家族&親戚のみ知る不思議な体験を初七日までの間にたくさんしました
    書いてもきっと嘘みたいな話なので
    もうこれ以上のことはここに書くこともないとは思うのですけどね
    そっと自分たちの胸にしまっとこうと思います(*^^*)

    miaowたんにそうな風に言ってもらえて
    こちらこそ救われた気分ですよん(*^^*)
    ありがとう~(*^^*)

  17. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  18. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  19. はちこ | URL |

    ◆Jさんへ

    お久しぶりです~~
    コメントいただいていたのにお返事が遅くなってごめんなさい(≧≦)

    お父様が・・・
    ご冥福をお祈り申し上げます。

    Jさまもそんなことがあったのですね
    みんな言わないだけでそれぞれ何かあるのかもですね

    私も同居の後半は冷戦状態が続いていましたよ
    いつも責められてる感じで・・・
    自分の性格もねじまがっていたように思いますよ
    それでも最後しゃべれなくなって弱ってく一方の義母を見たときには
    もうもうそんな冷たい気持ちなんてどこかへ飛んでいってしまって
    どーしてもっとうまく付き合えなかったのかと後悔ばかりでした・・・
    そうなってからでは遅い後悔でしたけども
    そうならないと切り替わらないところまで追いつめられていたようにも思います・・・

    あおられ続けると精神状態がおかしくなってきますよね・・・
    少し距離を置いてよいほうこうに向かうことを祈っていますよ。。。

    またお時間あったら覗きに来てみてくださいね(*^^*)


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。